特集『子ども達の学力向上のために』―いま、親に出来る事はー

<第四章> 家庭内での学力向上のための工夫

①『読書習慣』⇒まずは我が子を大書店へ!
読書に勝る学力形成なし!とは私のキャッチコピーです。よく「頭が良い・悪い」といった言葉を、大人も子どももよく使います。脳科学の世界では、これを「前頭前野」の発達と言い換えられます。いかに前頭前野を鍛えるか、多くの実験がなされています。特に老人医療(痴呆医療)において急務の課題となっているそうです。

 

脳科学の第一線で活躍する川島隆太氏は次のように述べています。

 

「創造力をたくましく鍛える効果を出すためには、多くの本を読書することをお勧めします。…『考える力』…『感じる力』…『想像する力』…『表現する力』、脳を鍛えるための十分条件が詰まっています。これらの力は読書以外の活動では、なかなかバランスよく身につけることはできません。(こうして)鍛え上げられた前頭前野という脳の器から、卓越した閃きが生まれるのです。」

 

言語能力は親子の「会話の質と頻度、そして読書量」と何度となく強調してきましたが、親子間の会話についても、同じ著作の中で次のような指摘がなされていました。

 

「会話は、音読や計算、手芸ほど前頭前野を使わないのかと思っていたところ、また違ったデータも出てきました。今度は小中学生を使った実験の結果です。「今日、学校で何があったの?」「べつに~、授業を受けて、部活して…」こんな他愛もない親子の会話で、子どもの前頭前野が左右の脳とも大いに活性化したのです。今、私は、家族と話をすることが、子どもたちの前頭前野を大いに活性化するとの仮説を持って検証している最中です。家族というのは、どうやら脳、特に前頭前野にとって、特別な存在なのかもしれません。」(川島隆太『天才の創りかた』講談社インターナショナル、2004年11月。氏は、出版して9ヶ月間に180万部を売った『脳を鍛える大人のドリル』の著者です。ちょっと胡散臭い書名(『天才の ─』)となっていますが、脳科学の入門書としてはすぐれものです。興味ある方には一読をお勧めします。)
読書習慣は乳幼児期の読み聞かせから始まります。私の感覚からしますと、個人差は当然あるのですが、小学校3・4年生位まで、継続してよいのではないかと思われます。この裏には、「もう、小学○年生だから、自分で読めるでしょ」と急に読み聞かせをやめてしまうと、読書から離れてしまう子が実に多い、ということにあります。小学3・4年生に本を読ませると(もちろん例外的な子もいますが)、読むことばかりに心が集中し、本の中身、おもしろさが半減してしまうのです。ならば、お父さんが、お母さんが読んであげればよい。自分で読み進めたいという意志が芽生えた時、読み聞かせを卒業すればよいのです。「本はおもしろい!」という気持ちをまず大切にすることです。「小さい頃、よく読み聞かせをしてあげたのですが、今はまったく読書しません」、こう嘆くお母さんは、卒業のタイミングを誤ってしまったのかもしれません。
さて、読書嫌いにはどう対処しましょうか。まず、お父さん、お母さんが読書している姿を見せつけることです(「模倣」の論理)。次に、我が子の興味ある人物、分野に関する“簡単な”書物を与えてみることです。年に何回かは大書店へお出かけ下さい。読書は我が子の財産として永遠に残ります。
余談をひとつ。お母さん方、あわてる必要はありませんよ。私などは、中学卒業時まで、まったく本を読まない体育会系の少年でした。幼い頃の読み聞かせの経験も皆無です。やはり、学校の成績も伸び悩み状態です。中3、夏終了後に受けた上位私立高校対策模試では、国語は40点位、英語は70点、数学はなんと0点でした。中学時代、国語の授業はほとんど“いねむり”です。部活(バスケット)をやって、夜は小学4年生から始めていた空手の道場に3回ほど通い、いずれも昔ながらの部活、武道でしたので、クタクタ状態の毎日。活字に親しむといった時間的、文化的な余裕などどこをさがしてもない環境にいました。
ところが、高校入学後、ある一人の友人との出会いが、私の生活を一変させてくれました。いわゆる「文学青年」との劇的な邂逅です。彼に勧められるまま、日本文学を次々と読破していきます。文学から随筆、評論、詩,哲学書等々、大いに鍛えてもらいました。日記も書くようになりました。
まさしく、読書の成果なのでしょう。私は第2補欠でやっとの思いで入学できたのですが(300名中、290番前後?)、高3終了時にはどんなテストでも、評定平均値でも、上位10%以内を確実にキープしていました。学力の向上の土台は読書量!私自身のつまらぬ体験からも説明できそうです。

 

繰り返しておきましょう。

 

  “読書に勝る学力形成なし!”
②『言語能力』⇒親の聴く力が決め手です!

 

親子の会話を成立させるカギは、親側の聴く力にかかっています。お父さん、お母さんにはカウンセリングの勉強をしてもらいたいと思います。1冊、2冊、入門書を読んでください。大書店へ行けば、いくらでもあります。心理学的子ども観、傾聴、共感、共有、無意識の働き、ワン・ダウン,チューニング(波長合わせ)、ポジティブ・メッセージ(肯定的な表現)、等々、多くの概念との出会いによって、我が子との関わり、会話に工夫がなされるようになります。まず、子ども自身に多くを語らせることです。言葉にならない内面を、カウンセリングの技法を駆使して、言語化させましょう。我が子の言語能力の向上には、まず親の聴く力が不可欠なのです。
③『よく質問・発問する子に!』⇒まず、親が疑問を投げかけよ!(6頁②「親が生き生きと物事に働きかける姿を見せつける」参照)
④『子どもの教科書を読む』⇒目次をコピーし、目のつくところへ貼っておく。
例えば算数の体積に入ったならば、L(リットル)やdL(デシ・リットル)、㎤(立方センチメートル)といった単位を学習します。まさしく、お母さんの出番です。牛乳パックを子どもに差し出してください。「1L」=「1000㎤」といった算数の授業で習った単位と出会えるのです。たて、よこ、高さを測らせてみるのです。それらの積が1000になっているか確認させます。牛乳パックを切断して、1dLパックを作らせてみるのです。1L=10dLといった単位互換が頭ではなく、実体験として獲得できます。目次をコピーし、授業の「予習と復習」を家庭レベルで行うのです。
⑤『夜○時は親子でニュース番組を見る』⇒ニュースでしか子どもの社会的視野は広がらない。
むかし、やたらに社会科に強い生徒がいました。地理から歴史、政治まで、小学生離れした知識力です。その秘密は祖父にありました。祖父はかわいい孫をひざにのせ、毎日、ニュース番組を欠かさず見ていました。独り言のように解説を入れながら、孫といっしょにニュースを見ていたそうです。社会科に興味を持たざるを得ない環境下に置かれていたわけです。祖父に「社会科教育」を受けつづけた彼は、現在、ドクターとして活躍しています。
文系学部では大学入試に「社会」(日本史、世界史、政治・経済、地理など)が課せられます。社会科嫌いでは、大学受験で相当苦労します。特に女の子については(女子の7割前後は文系学部へ進学します)、小学校段階から「社会」に接近させるよう工夫してあげましょう。まずは、ニュースをいっしょに見ることから始めて下さい。
⑥『日本地図はカベに貼っておく』⇒地図帳(世界地図含む。できれば地球儀)はテレビの近くに置いておく。
2学期早々、夏休みについて簡単なやり取りをします。「W子ちゃん、夏休み、どこか出かけた?」「ウン。海へ行った」「何という海岸だった?」「……」「何県にあるの?」「……」「車で行ったの?」「ソウ」「何という名前の高速道路を走った?」「……」「家から何時間位かかった?」「半分寝てたからワカラナイノ」「それで、そこの海はどうだった?」「広かった」…。
一方、訓練されている子ですと。「どこか出かけた?」「ウン。九十九里の白子海岸に行きました。」「車で行ったの?」「ソウ。最初ディズニーランド方向へ行って、途中から京葉道路とかいう道路で、最後は東金道路。」「何時間位かかった?」「約1時間半。お父さんが教えてくれたけど、ウチから60km位と言っていた」「どんな海だった?」「けっこう波が高くて、泳ぐことはできなかった。どこまでも砂浜がつづいている海岸だから、九十九里と言うんだって」
学力の高い子で地理に弱いというのはまれです。子どもの体験を、学習の機会にしてしまいましょう。「訓練された子」を目指しましょう。
⑦『国語辞典、理科図鑑、年表はいつも手の届く所に』⇒小学時代はアナログ志向で!
⑥⑦とも「わからない事は調べてみる」という習慣を低学年から身につけさせることが目的です。これも「模倣」の論理です。親自身がそうした態度を見せておかなければなりません。小学時代はアナログ志向です。パソコンによる情報の引き出しなど、中学へ入ってからでも遅くはありません。
⑧『4・5年生は歴史マンガが必読』
大企業の人材採用コンサルタントをしているある人は、その豊富な経験から、子どもの必須学力は「数学力」「地図力」「歴史力」の3点だ、と喝破しています。どんな世界でも「歴史的にものを見る」と言う観点が不可欠となります。子どもにはそこまでは要求されませんが、文化、教養としての歴史に興味をもってもらいたいです。うすっぺらな教科書からは、歴史のおもしろさは伝わってきません。今の歴史マンガはすぐれものです。正確な時代考証に立脚した絵が描かれています。ぜひ活用を。
⑨『昆虫好きは理科好きの第1歩』⇒女の子も一度は昆虫を飼ってみる。
もちろん、「昆虫」というのは一例です。理科的な体験を豊富に!ということです。
⑩『算数のある生活』をいかに演出するか。⇒日常生活そのものが数字のかたまりです。意識的に数字の世界へ入り込みましょう!
どんなものでもいいです。数字が出てきたら、子どもに問いを発してみる。
例えば4年生であれば、「自殺者年間33,000人」。「ねえ、1年で33,000人もの人が亡くなっているんだって。1日にしたら何人位の人が自殺してしまうのだろう?」
6年生にもなれば、「今日のスーパーでのお買い物、しめて3,150円。」「このうち税金(消費税)はいくら払ったことになるでしょう?」
楽しく、遊び感覚でいっしょに考えてあげて下さい。

 

以上、第四章 家庭内での学力向上のための工夫、でした。親自身の「学ぶ力」「学ぶ意欲」「学ぶ姿勢」を呼び起こしましょう。子どもといっしょに学び直しをしましょう。忙しさの中にも、わずかな時間を割いて、子どもと“学びの世界”を共有できたら、どんなに素敵なことでしょうか。1日15分。年間で91時間。何かできるはずです。まずは、子どもの教科書に目を通すことから始めてはいかがでしょうか。
<第五章> 終わりにかえて
受験シーズンの折、多忙な日々がつづく中、こうした論稿を書き上げなければならなかった理由は3つほどあります。

 

  1つは、「ゆとり教育」による子ども達の低学力化への危惧です。
  2つは、本論でもふれましたが、「不平等社会」到来(それは同時に民主主義社会の崩落)への警鐘です。
  3つは、昨今の日本人全般に見うけられる非科学的、非論理的な思考と行動への戒めです。思考力の低下、いや停止と言ってもよいでしょう。

 

21世紀の子ども達、社会・経済・政治状況を鑑みた時、

 

  ・低学力の子は、フリーターで一生を終えます。
  ・考える力の弱い子は、確実に切り捨てられます。

 

ゆとり教育」及び「経済構造改革」により、社会的弱者、不幸な子が大量に生まれてしまうことは必至です。良識ある大人達は、いち早くこのことに気づかなければなりません。こうした「気づき」というものに日本人全般が鈍感になっています。

 

  ・たかが機械にすぎないケータイ、メールに操られている青少年。
  ・成人式で大人へのまっとうなプロテスト(抗議)もできない若者達。
  ・フリーター、ニートという受難の矛先を政治運動や抗議活動に転化できない無力な成人、大人達。
  ・オレオレ詐欺、振り込め詐欺等に相変わらずだまされつづける中高年。
  ・俗っぽい例では、どう考えても科学性のない血液型○○判断や、最近では細木なんとかやらの△△判断に興味をひかれる女性陣。

 

日本の教育が「甘かった」ということの証明ですね。科学や論理にあまりにも疎すぎますよね。
繰り返しますが、今後、科学的、論理的に思考する力の弱い子は、社会から確実にドロップ・アウトしてしまいます。だからこそ、小学校段階から、家庭内での教育のあり方や工夫について、ない頭をふりしぼってここまで書きつらねてきたのです。できることから、少しずつ始めてみましょうよ!

 

最後になりますが、教育とか子育てというのは、まったくもって予見困難ないとなみですね。親が良かれと考えてなした行為が、結果として負の連鎖の引き金になってしまったり、兄にはプラスの効果があった行為が、弟にはまったく通用しなかったり…。子育てするなかで何があってもゆずれないことと、それは

 

  “TO BE LOVED & ACCEPTED”
  (愛され、受け入れられている実感)

 
 

  心安らかに過ごせる暖かい家庭。
  父、母の優しい励まし。そして、ぽっかぽっかの愛情。
  あるがままの我が子を受け入れる父と母の寛容力。
  愛されている。
  守られている。
  受け入れられている。
  こうした安心感こそが子どもの生きるエネルギー。
  学力やしつけはこの後にくるもの。
  いや、このエネルギーさえ蓄えられていれば、すべてはなんとかなるもの。
  親が愛のはき違いをしていなければ。

 
 

  ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
塾長 平野雅春
School director blog学院長ブログ Voices from parents保護者からの声
 子ども達の幸せを願うウエル学院 平野進学教室 0120-630-133 メールでのお問い合わせはこちらから
〒131-0032 東京都墨田区東向島6丁目5番9号1F